だんぼるーの梱包材ブログ
2019年6月4日

いろいろな包装材料の特徴

現在の主な包装材料は紙、プラスチック、金属、ガラス、木材だそうです。

紙は基本的には生分解性ということで、環境に配慮するなら紙の包装というのはいいかと思います。

紙には剛性と緩衝性があるそうです。また安いというのもあるかと思います。

紙の器やダンボールとたくさんのものに使用されているようです。

またプラスチックと合わせることで耐水性もつくということで、剛性もあることから液体用の紙容器に使用されることも多いようです。

プラスチックは保護機能が高いということと、さまざまな形状に加工できることから多くの材料と積層できるそうです。

金属製のボトルなどに変わってプラスチックボトルが主流となっているかと思います。

スチール缶は高温殺菌用のコーヒー缶などで使われているかと思います。

アルミ缶はビールなどに多く用いられているようです。

金属製の缶詰というのは、肉や魚を一年以上保存することができるように作られた食品缶詰が起源だそうです。

現在、金属缶は重いというのと、一度開けたら全部消費しなければならないということもあって、他の包装容器に移行しているそうです。

飲料の方でもコーヒーや茶でもPETボトルに移行しているようです。

また缶詰類もレトルト釜で殺菌したレトルトパウチになってきたようです。

金属缶詰は金属スズをメッキしたブリキを使用していたそうです。

18リットル缶などは工業原料として取扱やすいということからまだまだ使用されているそうです。

ガラスはリサイクルができますし、リユースもできるので環境にはとても良いものだと思いますが、重くて割れやすいので扱いが難しいということもあって、需要の方は減っているそうです。

木材は、重量物の運搬などにはまだまだ重宝しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です