だんぼるーの梱包材ブログ
2019年6月18日

金属箔について

アルミ箔というのは、アルミニウムを厚さ0.2〜0.006mmまで圧延で薄く伸ばしたものをいうそうです。

二枚のアルミの基盤をローラーで圧延して製造すると聞いています。

ローラーが接した面は光沢があり、二枚重ねた方はマットな感じだそうです。

アルミ箔の分類と成分はJISで規定されているそうです。

アルミ箔の長所として、表面は光沢があって、裏面がマット仕上がりになりシックで美しいということがあるそうです。

防湿性、酸素ガスバリア性、保香性があるそうです。

さらに、耐熱性があり、低温にも耐性があると言われています。

また、耐光性もあって、他の金属よりも軽いという特徴もあるそうです。

折り曲げるとそのままの形を保持してくれるという点も長所のひとつと言えるかもしれません。

それから、印刷や加工に適性が良いそうです。

他の金属と比べると熱伝導性が良いと言われており、鉄の約三倍も熱伝導が良いそうです。

光線や熱線をよく反射するということで、加熱食品や冷凍食品に利用されているそうです。

短所としては、不透明で中身が見えないということがあるようです。

剛度がなく、伸びるということもないそうです。

薄いとピンホールが生じやすくなるということも聞いたことがあります。

こうした短所も挙げられますが、紫外線などの電磁波遮光性、水蒸気や酵素ガスなどの遮断性にも優れていると言われています。

アルミ箔は、高純度アルミ箔なので、無味無臭で人体にまったく無害だそうです。

また表面は光沢があるので、商品価値を高める役割も果たしてくれるそうです。

アルミ箔は食品を外界から保護する機能を持っているということで、包装材料として最適といえるようです。

飲料水や食品の容器にアルミ箔が使われているものがたくさんあるそうです。

金属箔というのはアルミ箔がほとんどですが、鉄箔、鉛箔、銅箔というものもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です