だんぼるーの梱包材ブログ
2019年7月20日

包装に求められる衛生性能と社会環境

口に入れる食品、医薬品は衛生性が絶対に必要となってくるかと思います。

また内容物と直接に接触する包装となると、その包装自体が食品衛生法や薬事法を遵守する義務があります。

衛生安全性というのは、急性毒性から三世代先の遺伝子への影響まで検証するそうです。

昔は、食品の衛生安全性というと、たくさんの偽装が問題化していました。

現在は、総合衛生管理とトレーサビリティーなどを含んだISO22000が食品業界で指導しているそうです。包装もこれに対応した包装材料の要求が強くなっているように思います。

また、衛生的な環境作りも重要となると思います。無菌包装、クリーン包装、冷凍包装などのニーズの高まりとともに、包装材料を含めた微生物制御管理や材質の衛生性能が必要とされているそうです。

衛生法の規制基準は絶対に遵守しなければならないでしょう。

「循環型社会の形成」から究極的な「持続可能な社会作り」を目指して、循環型社会形成推進基本法が制定されていると言われています。

包装をターゲットにした容器包装リサイクル法は、受益者負担が原則になっているそうです。

各メーカーはカーボンフットプリントにも対応する必要があるそうです。

環境マネジメントの普及から環境管理、環境会計、環境監査、グリーン調達などが一般化されているそうです。

労働安全面では「労働リスクマネジメントOHSAS18000」が促進されていると聞きます。国際的にも安全の重要性が高まっていると思います。

包装機械においては、PASSマーク(日本)、CEマーク(ヨーロッパ)が普及しているそうです。

輸出入製品が多くなると国際間の表示、規格などが異なるという問題がでてくるかと思います。

こうしたものを統合したり、緩和したりして、国際整合性をはかる必要があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です